北朝鮮軍の攻撃で壊滅したソウル 出典「ウィキペディア

 トランプ大統領は、2019年の年明けに米朝首脳会談を行う意向を示している。もし開かれれば、また注目を浴びそうなのが朝鮮戦争(1950~53年)に終わりを告げる「終戦宣言」の扱いだ。関係国が水面下で駆け引きをしており、そう簡単に出せそうにはないが、いつかは終わることになるだろう。日本の戦後にも大きな影響を与えたこの戦争について、分かりやすく3回にまとめてみる。

1回目

なぜ38度線で南北は分断されたのか

 この問題に関する最新の著作と思えるのは、朝鮮半島研究の第一人者である小此木政夫慶応大学名誉教授の、『朝鮮分断の起源:独立と統一の相克』 (慶応大学叢書)だ。600ページ近い大著で、その2章に、分断にいたった背景が詳しく書かれている。興味のある人は目を通してほしい。

 さて、38度線で南北が分断されたのは、第2次大戦が日本の敗戦で終わる直前のことだ。なんと米国の2人の若者が引いた線だった。

 その中の1人は、後に国務長官となるディーン・ラスクである。

 彼は、日本が無条件降伏した1945年8月15日(米現地時間では14日)、米国とソ連が合意できる朝鮮半島の境界線の設定、という任務を与えられた。米軍は、首都ソウルを含め、できる限り北に設定したいと考えていたが、兵力の限界もある。その接点を探ったのだった。

 ラスクは、1991年に出版した自伝『As Ī Saw It』の中で、「(雑誌)『ナショナル・ジオグラフィック』の地図を引っ張り出し、ソウルのすぐ北にぴったりの境界線はないかと探してみた。目に入ったのが、緯度38度の直線だった」と回想している。

北朝鮮が韓国に攻め込んだ動機は何か

 その前に、朝鮮が南北に分かれた理由を説明しよう。

 日本の敗戦によって、朝鮮半島は独立国となるはずだった。ところが日本軍が撤退するのと入れ替わりに、南部にはアメリカ軍が、北部にはソ連軍が進駐してきた。
 
 これは1943年11月に行なわれたカイロ会談で決まっていたことだった。米英中(当時は中華民国)の3首脳が、この会談後に「カイロ宣言」を発表した。その中で朝鮮について、

「3か国は、朝鮮人民の奴隷状態に留意し、やがて朝鮮を自主独立のものとする」としていた。

 カイロ会談では米大統領のルーズベルトが朝鮮の扱いについて、早期の独立よりも「国連信託方式」を提案した。ソ連のスターリンもその案に同意し、「朝鮮はやがて独立させる」という表現になったのだ。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA