休戦会談を行う両陣営(1951年10月11日) 出典「ウィキペディア

 朝鮮戦争は1953年7月27日に休戦となった。休戦の次には終戦に向けた話し合いが進められるはずだった。ところが、逆に朝鮮半島では対立の構図が残り、にらみ合いは変わらなかった。最終回は、休戦がどうして60年以上も続くことになったのか書きたい。

なぜ休戦後に韓国に米軍が残ったのか

 27日の午前10時、板門店にあった休戦会談場に国連軍側と共産軍側首席代表が座った。会話もないまま双方が、9通の文書1つひとつに署名をした。

 調印が続いている間にも、国連軍の戦闘爆撃機が休戦会談場近くで爆弾を投下しており、爆発音が低く響いていた。

 署名にかかった時間は約10分。双方は休戦協定書を交換して何の会話もかわさず、そのまま会談場を後にした。

 休戦協定はソ連が休戦を提案して、交渉が始まってから2年と17日、計25か月間続き、会談は計765回も開かれた。お互いに有利な条件で休戦に持ち込もうと、駆け引きを続けた結果だった。

 休戦協定が署名された2時間後、韓国の李承晩大統領は次のような声明を出した。彼は休戦に反対し、署名に加わらなかった。

 「休戦協定は調印された。(中略)希望を捨てるな。われわれはあなたたちを忘れはしない、知らないふりもしない。朝鮮民族の基本目標は、この目標を達成することを確約したのだ」(『韓国戦争第6巻 休戦』かや書房)

 「休戦には反対だが邪魔はしない。必要なら再び戦争を行う」という、悔しさと矛盾に満ちた声明だった。

 李大統領は、休戦を邪魔しないという条件で、アメリカから約束を取り付けた。在韓米軍の休戦後も韓国内に駐留させるという「米韓相互防衛条約」で、1953年10月1日に調印された。アメリカはこの条約に従い、韓国防衛を行うことになった。

 一方で北朝鮮もソ連、中国と軍事同盟を結び、南北がにらみ合う構図は変わらなかった。

もし朝鮮戦争の「終戦宣言」が出されたらどうなるか

 終戦宣言の目的は、戦闘行為を再開しないというのが目的であり、おおまかな理念を盛り込んだ政治的宣言だ。

 ところが、この宣言に対する警戒感が米国で強まっている。

 例え政治的な宣言だとしても、米国は韓国との軍事演習がしにくくなる。「戦争を止める」と宣言したのに、どうして戦争訓練をしているのか、と批判されるからだ。

 さらに朝鮮戦争で組織された米韓軍を中心とした朝鮮国連軍も、存在があやうくなる。そもそも平和を取り戻すまでの一時的存在として認められた軍だ。平和な状態が戻ったら、解散する必要が出てくるだろう。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください