韓国料理店も加盟が急増中。平壌冷麺も自宅で楽しめる?

韓国料理店も加盟が急増中。平壌冷麺も自宅で楽しめる?

日系企業が多いアソーク通り近くの北朝鮮レストランもデリバリー注文が可能だ

 配達で人気なのはコーヒーや軽食などのほか、タイ料理や和食だ。日本人経営の居酒屋などは、これを機会にデリバリーサービスを独自に始めたり、アプリに加盟してサービスを開始している。

 「韓国料理もこの中では比較的人気のあるジャンルだ」

 と、デリバリーアプリを利用する日本人が話している。フードパンダは、韓国料理店の加盟はかなり少ないが、「グラブは和食と同じくらい韓国料理が充実している」というほど加盟店がある。

 喜び組が踊ることで話題になった北朝鮮料理店は、肝心な北朝鮮籍の女性従業員に対する労働許可証の問題などで働き手がおらず、2019年には経営が風前の灯火になっていたが、やはりグラブに加盟してデリバリー対応を始めた

 今後、この新型コロナウイルスの猛威が収まり、バンコクが平常時に戻ったとしても、飲食店の経営スタイルは大きく変化しそうな兆しを感じる。

北レス玉流レストランの人気平壌冷麺もデリバリーで自宅で楽しめるように

高田 胤臣
タイ在住ライター。2002年から現在にいたるまでバンコクで過ごしている。『バンコク 裏の歩き方【2019-20年度版】』(共書)、『バンコクアソビ』、『ベトナム裏の歩き方』、近著『亜細亜熱帯怪談』(監修)丸山ゴンザレスなど。
@NatureNENEAM

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA