世界中から動画を盛んに配信して韓国の危機を訴える保守の重鎮「趙甲済」氏

世界中から動画を盛んに配信して韓国の危機を訴える保守の重鎮「趙甲済」氏

「趙甲済TV」(キャプション)

世界中から動画を盛んに配信して韓国の危機を訴える保守の重鎮「趙甲済」氏

韓国の既存メディアへ異論 百家争鳴、保守論客がユーチューブで活躍中(1/2)の続き。

 保守ユーチューバーの代表格といえば、前韓国経済論説顧問の鄭奎載氏(62)が挙げられる。鄭氏は7年前の2012年に「pennmike鄭奎載TV」を開設、「自由・真実・市場の価値」をモットーに、時事ネタを中心に幅広く発言している。 弾劾訴追案の可決後(2016年12月)、初めて朴槿恵大統領がインタビューに応じたのも、鄭氏の同チャンネルだった。その日の主要ニュースをアンカーが伝え、それに対して鄭氏がコメントする夕方6時の生放送「pennニュース」など、その雰囲気は、テレビ局の報道番組を見ているのとなんら変わらない。

 「趙甲済TV 」を運営する趙甲済氏(73)も、保守言論の重鎮で、ユーチューブのチャンネルのほか、「趙甲済ドットコム」を運営中。日本通としても知られ、第2次安倍政権発足後には、韓国人の記者としては初めて安倍首相に単独インタビュー(2013年3月)したことでも知られる。海外旅行中であっても宿泊中のホテルから次々に動画を投稿するなど、北朝鮮との融和に突き進むムン・ジェイン政権に対する危機意識が、こちらにもヒシヒシと伝わってくるようだ。

ユーチューブ累計動画再生回数1位「神の一手」は2015年に開設

ユーチューブ累計動画再生回数1位「神の一手」は2015年に開設

You Tube累計動画再生回数1位の「神の一手」

ユーチューブ累計動画再生回数1位「神の一手」は2015年に開設

 黄壮秀・未来経営研究所所長が運営する「黄壮秀のニュースブリーフィング」も鄭奎載氏と同時期に立ち上げられた。一方、ユーチューブ累計動画再生回数1位の「神の一手(シネハンス)」は、各種時事番組のパネリストとして活動してきた申恵植・独立新聞代表により2015年に開設されている。このほか、政治評論家の高成国氏、前自由韓国党代表の洪準杓氏、国際政治アカデミー代表の李春根氏、誠信女子大学校教授の金暎浩氏らが2018年前後して次々とユーチューブデビューを果たしている。

日韓悪化の原因はムン・ジェイン政権と指摘

 一概には言えないが、これら保守派の論客は、日韓関係悪化の原因をつくったのはムン・ジェイン政権と明確に指摘、「時代錯誤的な反日」(鄭奎載氏)、「幼稚園児にも満たない韓国裁判官の法意識」(趙甲済氏)など、「徴用工問題は解決済み」とする日本側の主張を支持している。現在、韓国の主流をなしているわけではないが、もしその内容を日本人が直接視聴したなら、韓国に対する見方が少しは変わるはずだ。

 一方、視聴者の反応はというと、どの動画も高評価の割合が高いのが特徴。アンチは初めからアクセスを回避、視聴するのはファンや支持者が中心のためかも知れない。

ユーチューブが次の大統領選挙を左右する?政治系チャンネルに対する法的規制検討も

 ムン・ジェイン大統領は、今年1月ごろから機会があるごとに、フェイクニュースに対応する必要性を強調、16日にも「フェイクニュースが溢れかえる世の中で、真実はこれまで以上に重要になった」と主張を強めている。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA