今度は身内に騙される

今度は身内に騙される

リサさんの詐欺事件を報じる韓国メディア 出典『中央日報

今度は身内に騙される

 世界で最も有名なタイ人女性であり、韓国ポップス界のスターでもある、女性ボーカルダンスグループの「BLACKPINK」メンバーのリサさんが6月2日、巨額詐欺の被害に遭っていたことが所属する「YGエンターテインメント」の発表で分かった。

 リサさんは5月上旬にSNS上で殺害予告が出され、所属事務所だけでなく、在韓タイ大使館も動く騒動に発展する被害にあったばかりだ。

 所属事務所の発表によると、リサさんは元マネージャーから不動産投資を持ちかけられ、およそ8800万円相当の韓国ウォンを持ち逃げされた。このマネージャーはデビュー当時から親交のあったマネージャーで、リサさんとの信頼関係を悪用したと見られる。

SNSを使った殺害予告でファンを心配させたばかり

 YGエンターテインメントが発表した時点で、すでにこのマネージャーとリサさんの示談交渉は済んでおり、被害額の一部がリサさんに返還されている。残りはすべて賭博に使い果たしたとされ、元マネージャーの返済計画をリサさんと所属事務所が承認し、今後分割で返済されると見られる。このマネージャーはすでに解雇となった。YGエンターテインメントの発表では所属タレントに迷惑をかけたことを謝罪しているが、このマネージャーを刑事告訴したか否かには触れていない。

 先日、リサさんは殺害予告がタイと韓国で話題になり、在韓タイ大使館もYGエンターテインメントにリサさんの身の安全を確保するよう要請する騒動にいたっている。有名がゆえに再び騒動に巻き込まれたが、リサさんが円満解決を望んだことで、この詐欺事件は所属事務所を挟んで元マネージャーとの話し合いで解決した。

解決方法はタイ人らしい優しさか?

解決方法はタイ人らしい優しさか?

リサさんの出身地であるタイ東北部はのどかな地域で人々の気質も穏やかであるとされる

 被害額が10億ウォン超ということで、日本円換算では8800万円相当になる巨額詐欺ではあるが、リサさんが円満解決を望んだのはタイ人の気質もあると考えられる。タイでは殺人遺族らが容疑者の謝罪を受け入れるケースが少なくない。敬虔な仏教徒が多いこともあり、徳を積むことの一環として、罪を背負う者を赦す行為や思考はタイではよく見かけることだ。

 おそらく今回の事件に関しても、リサさんは被害額の返還の見込みが立ち、かつ元マネージャーの反省を受け止めたので円満解決を選んだのだろう。特にリサさんはタイの東北部の出身である。気質的に温厚な人が多い地域の出身と知られ、その性格が表れたのかもしれない。

 とはいえ、最近はトラブルに巻き込まれることが相次いでおり、世界的に有名になったリサさんは今後も公私共に身辺にさらに注意して生活しなければならないだろう。

高田 胤臣
タイ在住ライター。2002年から現在にいたるまでバンコクで過ごしている。『バンコクアソビ』(イースト・プレス・2018年)、『バンコク 裏の歩き方【2019-20年度版】』(彩図社、2019年・皿井タレー共書)、『ベトナム裏の歩き方』(彩図社、2019年)、近著『亜細亜熱帯怪談』(晶文社、2019年・監修丸山ゴンザレス)など。
@NatureNENEAM
在住歴20年が話したい本当のタイと見てきたこととうまい話と(note)

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA