南北合意を守らない韓国への不信感

南北合意を守らない韓国への不信感

第7期第14回政治局拡大会議に出席した金正恩委員長(提供「コリアメディア」)

 5月末に韓国の脱北者団体がビラ散布したことを発端にし、6月に北朝鮮は南北共同連絡事務所を爆破した。韓国政府の対応措置もあって北朝鮮は対韓非難を緩めているが、現在も朝鮮半島情勢は緊張状態にある。

 南北対話や米朝交渉の現状と展望について、朝鮮近現代史を研究している康成銀氏(朝鮮大学校朝鮮問題研究センター研究顧問)に見解を伺った(※7月6日に取材)。

Q 北朝鮮側が連絡事務所を爆破するほどまでに不満を持った背景には何があるのでしょうか。

 金正恩委員長は2019年4月12日、最高人民会議での施政演説で、「(韓国は)『仲介者』、『促進者』のようにふるまうのではなく、民族の一員として自分の信念を持ち、堂々と自分の意見を述べて民族の利益を擁護する当事者になるべき」と述べていた。その後、「板門店対面」(2018年4月南北会談)と「9月平壌対面」(同年9月南北会談)のときの初心に立ち返るよう求めた。

 だが、文在寅政権はその後も、南北両首脳が合意した開城工業団地の再開や、金剛山観光事業の推進、北南鉄道、道路連結について、米国のトランプ政権の顔色を窺って約束を履行してこなかった。

 文政権はこれら不履行について言い訳がましい言説に終始し、米国に断固と物申すことができずにいたことが、金正恩委員長に不信感を与え、朝鮮の怒りを昂じさせたのである。

 加えて、今年5月31日に脱北者が反朝鮮ビラを飛ばし、文政権が「敵対行為禁止」の合意(板門店宣言第2条1項)すら守れなかったことで、ついに朝鮮は「堪忍袋の緒を切る」こととなったのである。

 朝鮮にとって最高権威(金正恩委員長)への中傷は絶対に許せるものではない。

金与正談話から南北共同連絡事務所爆破までの経緯

Q 金与正党第1副部長などによる韓国への非難談話について、特に注目すべきポイントについて教えてください。

 6月4日の金与正党第1副部長による談話では、脱北者が反朝鮮のビラを飛ばしたことは、「軍事境界線一帯でビラ散布などすべての敵対行為を禁止することにした板門店宣言と軍事合意書の条項」に対する明白な違反であることを指摘した。韓国がビラ散布に対して相応の措置をとらない場合には、「十分に覚悟しておくべきであろう」として、金剛山観光廃止や開城工業地区完全撤去、北南共同連絡事務所閉鎖、北南軍事合意破棄などを列挙して警告している。

 これに関連し、6月5日に、党中央委統一戦線部スポークスマンが談話を発表し、「やることもなく開城工業地区に居座っている北南共同連絡事務所から撤廃し、引き続きすでに示唆した色々な措置をともなわせるつもりである」と言明した。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA