北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破

北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破

北朝鮮国営メディアが伝えた「南北共同連絡事務所」爆破の瞬間(提供「コリアメディア」)

 北朝鮮は6月16日午後、軍事境界線に近い開城工業地区にある「南北共同連絡事務所」を爆破した。国営メディアを通じて「完全に破壊した」と発表し、爆破の瞬間をおさめた写真や動画を用いて報じている。

 今回の南北対立の発端は、韓国の脱北者(北朝鮮脱出住民)団体が5月末に北朝鮮の体制批判をするビラ散布を行ったことにある。

 北朝鮮側はビラ散布を非難する声明を相次いで発表しており、金正恩委員長の実妹、金与正党第1副部長は6月4日および6月13日に発表した談話の中で南北共同連絡事務所の閉鎖や爆破を警告していた。

 爆破後、北朝鮮側は、「(韓国との軍事境界線がある)非武装地帯(DMZ)に軍を再配備する準備ができている」と警告するなど緊張が高まっている。

 過去にはビラ散布をめぐり軍事境界線付近で銃撃戦も起きている。たとえば、2014年10月10日に韓国側がビラを添付した風船を飛ばしたところ、北朝鮮側が対空機関銃を発射し、その銃弾が韓国側に届いたために韓国軍が対応射撃を行うという事件が発生した(北朝鮮側の銃撃は風船を狙ったものと考えられる)。

 脱北者団体「自由北韓運動連合」は6月25日(朝鮮戦争勃発70年)に風船などを用いて金正恩政権を批判するビラ散布を強行することを明らかにしていることから、もし韓国政府がこれを止めることができなければ過去と同様の衝突も起こりえるだろう。

金与正氏の止まらぬ非難に対して韓国側も一転して厳しく批判

 ちなみに、金与正氏は6月17日にも談話を発表しているが、韓国への非難を緩めていない。

 文在寅大統領が15日に開催された南北共同宣言20年を記念する行事で「対決の時代に戻ってはいけない」と南北交流、協力を呼び掛ける演説を行ったことに対して、「鉄面皮の詭弁(きべん)」、「演説には対北ビラ散布に対する謝罪と反省、再発防止の発言がない」などと酷評した。

 これに対して、これまで北朝鮮の対韓非難に取り合わない姿勢を貫いてきた韓国青瓦台(大統領府)が「無礼」、「非常識な行為」などと強く批判。これまで歩み寄りを続けてきた韓国政府としては対照的な姿勢に転じている。

文政権最大の成果であり南北交流の象徴であった南北共同連絡事務所

 ところで今回爆破された南北共同連絡事務所とは一体どのような施設だったのか。

 事務所設立は、2018年4月27日の金正恩委員長と文在寅大統領の初会談で合意された「板門店宣言」から始まった。

 板門店宣言の中で、「南北が当局間協議を緊密にし、民間交流と協力を円満に保障するため、双方の当局者が常駐する南北共同連絡事務所を開城地域に設置する」としており、同事務所は南北交、協力の象徴となった。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA