党政治局会議と最高人民会議が4月11日・12日連日開催

党政治局会議と最高人民会議が4月11日・12日連日開催

党政治局会議を主宰した金正恩委員長(出典「コリアメディア」)

 北朝鮮で今月、朝鮮労働党中央委員会政治局会議(11日)、最高人民会議第14期第3回会議(12日)が開催された。

 世界中が新型コロナウイルス流行で苦境に立つ中、北朝鮮では何が議論されたのだろうか。

 長年、朝鮮近現代史を研究している康成銀氏(朝鮮大学校朝鮮問題研究センター研究顧問)に2つの会議について見解を伺った。

朝鮮労働党の会議ですべての政策が決定

Q 党の機関である党政治局会議と、国会に相当する最高人民会議の位置づけについて教えてください。

 朝鮮労働党では、定例会議として数年おきに「党大会」(最高指導機関)が行われる。そしてその下に党大会の決定を実行していくための「党中央委員会総会」があり、こちらは、ほぼ毎年開催されている。直近では、2016年に「第7回党大会」、2019年12月に「党中央委員会第7期第5次総会」があった。

 このように定例会議が開かれているが、情勢の変化によって討議しなければならない重要事項が出てきて次の党大会まで待つことができない場合には、党大会に準ずる会議として「党代表者会議」が開かれることになる。

 さて、今回開かれたのは参加者数が少ない「政治局会議」であり、これは昨年末の党中央委員会第7期第5次総会に準ずる形で開かれたものとみられる。これも同様に、緊急に討議しなければならない重要事項があったため開催されたのだろう。

 共和国は朝鮮労働党がすべての政策を決定し、その政策を国会や内閣が執行するシステムである。今回も党政治局会議で政策決定がなされ、最高人民会議でその政策をどのように実行していくかが議論されたとみられる。

北朝鮮は新型コロナウイルス対策を緊急課題と認識

Q では「緊急に討議すべき課題」とは何だったのでしょうか。

 これは党政治局会議の議題を見ると理解することができる。

 今回の党政治局会議では4つの議題があったところ、第1議題は「世界的に大流行する伝染病に対処し、我が人民の生命安全を保護するための国家的対策について」というものであった。やはり「新型コロナウイルス防備」がもっとも重要な問題として認識されているようだ。

 この第1議題の内容を見ていくと、「昨年末に発生したウイルス伝染病が世界的に急激に拡散している現実は、短期間で解消されることはほぼ不可能である」と断言している。そして、「このような環境は共和国においても大きな障害の条件となりうる」と予見する一方で、「朝鮮は初期の段階から(新型コロナ)防備対策を徹底して行ってきた」と伝えている。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA