K-POP人気が高いフィリピンでの嫌韓運動

K-POP人気が高いフィリピンでの嫌韓運動

フィリピンは朝鮮戦争へ連合国軍として参戦し戦後も韓国の経済支援した歴史がある

 フィリピンは韓国のK-POPやドラマなどの人気が高いなど韓国に対する好感度が高い国として知られている。

 しかし、9月に「TikTok」のアカウントフォロワー数が4340万人(11月21日時点。騒動時約2600万人)を超えるなど、世界的なインフルエンサーであるベラ・ポーチ氏が投稿したダンス動画が物議を醸した。

 物議を呼んだのは彼女の腕に心臓の絵や旭日旗を連想させるような赤の放射線状の背景がデザインされたタトゥーがあったことだ。

 韓国のネットユーザーを中心に、このタトゥーが問題視され、ベラ・ポーチ氏への批判が高まった。そのため、ダンス動画は削除され、「ツイッター」で謝罪文を公表し、韓国人に向けて謝罪の意を表している。

 しかし、韓国のネットユーザーなどがコメント欄にベラ・ポーチ氏への誹謗中傷、それだけにとどまらずフィリピン人に対して人種差別とも取られる書き込みを投稿したため、事態は収束に向かわなかった。それに対してフィリピンからはキャンセル・コリアなどのハッシュタグ運動が展開された。さらにこれに対応した韓国側がフィリピン国旗を燃やすなど対立がエスカレートした。

 こうした経緯で、K-POP人気が高いはずのフィリピンで嫌韓運動が発生し、両国の関係に悪影響を与えている。

  • 騒動でTikTokフォロワーが増え4340万人を抱えるベラ・ポーチ氏

ロヒンギャ問題スルーでミャンマーとの緊密な関係構築へ

 ミャンマーと韓国は両国の国交正常化から45周年を迎えており、5月20日には、ミャンマー政府のアウン・サン・スー・チー国家顧問と文在寅大統領は書簡を交換している。この際に両氏は新型コロナの克服に向けて、連携を確認しているなど韓国とミャンマーは友好的な関係にある。

 また、韓国はミャンマーに対して、官民双方が投資意欲を高めており、2019年9月には、韓国の文在寅大統領が企業関係者など約200人を連れてミャンマーを訪問している。それだけでなく、韓国が主導しているミャンマーの最大都市ヤンゴンでの経済団地起工式にも出席するなど、投資促進をアピールしていた。

 一方、ミャンマーには、イスラム教徒少数民族ロヒンギャに対しての迫害問題があるため、他国は投資を躊躇(ちゅうちょ)している。しかし、韓国はロヒンギャ問題をめぐる対応に理解を示し、積極的に投資を行う姿勢を示すなど韓国とミャンマーは、緊密な関係を築いていると言えるだろう。

FTA締結を視野にマレーシアとの関係を強化

FTA締結を視野にマレーシアとの関係を強化

ハザマがタワー1、サムスン物産がタワー2を施工したペトロナスツインタワー(クアラルンプール)

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA