格付けとは?

格付けとは?

格付けは債権の相場や株価などに影響を与える

格付けとは?

 格付けは、国や企業などの債務返済能力について記号で示したものだ。格付け会社が財務や収益環境、経済情勢などを分析しつつ、過去のデータなども参照して判断している。

 私たちは格付けを確認することによりその債権に投資した際の安全性や確実性を判断することが可能だ。格付けが高いほど安全性や確実性が高く、逆に評価が低いほど債務不履行などのリスクが高くなる。

 格付け会社としては、米国の「ムーディーズ」や「スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)」、イギリスの「フィッチレーティングス」などが世界的に知られる。

 大手格付け会社は、格付け情報をホームページなどで提供しているだけでなく、影響力が高い国や会社の格付けが変更された場合は、新聞やテレビなどで報道される。

 格付情報に関しては、債権の相場や株価などに影響を与えるため、投資家などは格付けに目を向けている。

韓国国債の格付け2020

 ムーディーズの韓国国債の格付けは最上位から3番目の「Aa2」(ムーディーズの表記法)に据え置くとしている。

 据え置きの理由としては、新型コロナウイルスによる韓国の経済的な被害について、同等級の国と比較すると限定的であるとし、政府の財政状況が大きく影響しないことが予想されるとしたためだ。

 ムーディーズの格付けに対して、フィッチレーティングスは、韓国国債の格付けを上から4番目に高い「AAマイナス」とし、見通しを安定的であるとした。

 フィッチは、韓国の今年の経済成長率がマイナスになると見通しているものの、新型コロナウイルスの対策が上手くいったことで、同等級国家の平均的な成長率よりも良好な経済成長率を達成すると予想している。

 韓国国債の格付けは引き下がっていないものの、北朝鮮に関連する地政学リスクや国内の高齢化、公的債務が財政負担になると指摘している。

 また、S&Pは家計負債の規模などが増加しているため、経済の脆弱性が目立ちやすくなっていると分析しつつ韓国国債に対して「AA」等級を付与しており、この評価は日本と中国に付与されている「A+」よりも高い評価だ。

韓国企業の格付け。2021年の見通しは?

韓国企業の格付け。2021年の見通しは?

演説する文在寅大統領 出典『朝鮮日報

韓国企業の格付け。2021年の見通しは?

 S&Pは、2020年の韓国企業の格付けに対して、多くの大企業の格付けが上がるよりも下がる傾向になると診断している。加えて、韓国の主要産業である半導体や自動車などの企業の状況については、再来年までは厳しい状況が続くと予想している。特に輸出依存度が大きいスマートフォン、精油、化学産業でも今後1、2年は厳しい経営環境になると予想した。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA