日本海単独呼称を維持するとIHOで承認

日本海単独呼称を維持するとIHOで承認

日本海(Seo of Japan)単独表記の地球儀

日本海単独呼称を維持するとIHOで承認

 韓国が日本海を東海(以下、東海地方などとの混同を避けるため一部トンヘ)と呼び日本海とトンヘを併記するように国際社会へ求めている問題で、17日、「国際水路機関(IHO)」の総会は従来通り日本海単独呼称を維持するとした事務局長案を暫定承認した。韓国政府は韓国の主張が認められたかのような談話を発表しているので今後も継続させるのかもしれない。

日本海呼称問題は1992年生まれ

 そもそも、この問題については、常日ごろから韓国へ親近感を持っていたり、韓国政府の主張へ同調しているような人でもローカル呼称トンヘを支持する声はあまり聞こえてこない。

 今回のIHOの暫定承認についての韓国政府の反応はぜひ調べてみてほしい。日韓両政府や両国マスコミの評価やコメントを見比べてみると面白いと思う。

 外務省のサイトには、「日本海呼称問題」という日本海呼称問題が起こった経緯や韓国の4つの主張、それに対する日本の反論などを詳しく紹介する専用ページがある(日本海呼称問題|外務省)。
 
 この日本海呼称問題のページによると、韓国が日本海の呼称へ最初に異を唱えたのは1992年となっている。この年号を聞いてピンとくる人は多いと思うが、慰安婦問題や天皇をまったく存在もしない“日王”と呼ぶなど韓国はこのころを起源として今にいたる問題が多く発生している事実がある。

2000年の歴史が多い韓国

 韓国はトンヘという呼称は2000年前から使われていると主張している。韓国が主張するものにはなぜか2000年前発祥が多い。テコンドーの歴史も2000年と謳っており世界最古級の格闘技となっている。

 2000年の歴史と言えば、某漫画の「北斗2000年の歴史(のちに1800年に短くなるような)」を想起するが、〇〇の歴史は2000年は韓国ではよく登場するのでぜひ注視してほしい。

西海は中国へ遠慮?併記を求めていない

西海は中国へ遠慮?併記を求めていない

「朝鮮中央年鑑2015」掲載地図には朝鮮東海と朝鮮西海の記載が確認できる

西海は中国へ遠慮?併記を求めていない

 この問題はトンヘばかりが注目されるが、朝鮮半島を中心にして東の海だから東海。では西側、黄海はなんと呼ぶかと言えば、そのままだが「西海(ソヘ)」と呼んでいる。では、西海も黄海と併記を求めているのかと言えば、中国相手だと遠慮するのか確認されていない

 最後に北朝鮮はなんと呼ぶのかを紹介しておくと、北朝鮮では、東海ではなく、「朝鮮東海」、西海は「朝鮮西海」と呼ぶ。北朝鮮は韓国ほど執拗な日本海との併記を求める主張はなく国際的なロビー活動も少ない(韓国とは国際的な立ち位置や影響力が異なる点も関連していると思われるが)。主に国内で使用されている呼称となる。

 「中国では日本海は日本海で国が発行する国定地図でも日本海です。併記はありません。あと、2000年前から東海と呼んでいたという朝鮮史は習ったことがありませんし、もし2000年前だったら東海よりも新羅海や高句麗海と呼んだのではないでしょうか?」(50代・中国朝鮮族男性)

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA