今年に入ってからの現地指導の写真や映像でも手にたばこを持っている金正恩委員長の姿が頻繁に登場している。今後どうなるのであろうか。

 この疑問に対してある識者は、金正恩委員長は北朝鮮の憲法や法律の縛りは受けない超越した存在なので関係ないとの見方を示す。確かに金正恩委員長は憲法よりも上位に位置する朝鮮労働党のトップなので禁煙法を遵守する必要はないのかもしれない。とは言っても今後の労働新聞など官製メディアでトップを飾る金正恩委員長の写真や動画からはたばこを手にした姿は減っていくのではないだろうか。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA