小売業者向けに絵画や北朝鮮グッズの卸売販売でも行っていたのだろうか。しかし、すでに中朝文化展覧館運営のアリババの店舗は閉鎖されている。これが中朝文化展覧館の完全閉館を意味するものなのだろうか。
 

昨年末の国連制裁履行の関係も?

昨年末の国連制裁履行の関係も?

花園路に面しているので見つけやすい中朝文化展覧館

昨年末の国連制裁履行の関係も?

 そもそも中朝文化展覧館は表面的な文化交流目的だけの展示館ではなかったはずだ。2018年1月からは国連制裁の強化で北朝鮮との合弁企業が禁止され、北朝鮮人への労働ビザ発給も事実上、禁止された中で、同展覧館を隠れ蓑に不法取引などの現場になっていたのではないだろうか。

 つまり、別に訪れる客が少なくガラガラで入場料収益が赤字、物販収益も芳しくなくてもまったく問題ないはずだ。しかし、休館したということは、昨年12月22日までに北朝鮮人労働者を全員帰国させる国連制裁履行が何かしら関係しているのかもしれない。

元世界1の丹東高麗館をも凌駕

 中朝文化展覧館は知名度がまったくない不人気施設だとしても箱が大きくて目立つ施設だったから閉館して北朝鮮人労働者たちは、目立たないようにして配置転換させて、ほとぼりが冷めたらまた人員を戻して気づかぬうちに再開館するのかもしれない。
 
 それにしても鴨緑江近くにあった世界1の北朝鮮レストランと呼ばれた「丹東高麗館」をはるかに超える巨大施設が存在してことに驚かされてしまう。

 もし北朝鮮が国際社会と強調して制裁が緩和や解除される方向へ動いていればきっと注目を集める施設だったはずだが。 

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA