中国市場へ依存度が高い韓国のカップ麺

中国市場へ依存度が高い韓国のカップ麺

辛ラーメンの高級ブランドに位置づけられる辛ラーメンブラック

 2月6日、「辛ラーメン」の農心創業者である辛春浩(シン・チュンホ)会長が来月、他取締役を退任すると発表された。高齢を理由に経営の第一線から退くようだ。

 辛春浩会長は、昨年1月に死去したロッテ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)氏の実弟になる。農心は1965年にロッテグループの企業としてスタートし、1978年にロッテグループを離脱し農心と社名を変更している。

 今や辛ラーメンは、韓国国内外で確固たる地位を築いている。韓国で発売されている即席麺は、150種類ほどあるが、辛ラーメンだけで国内シェア25%を占める

 農心の総売上で辛ラーメンが、どのくらいの割合を占めているかの数字は見つけ出せなかったが、全輸出の4割を辛ラーメンが稼ぐと報じられている。その輸出をさらに深堀りすると、農心単独ではないが、韓国から輸出される全インスタント麺の25%が中国となっている。

 つまり、農心は辛ラーメン1ブランドへの依存度が高く、かつ中国市場への依存も大きいという2重のリスクを抱えている。

世界1の辛ラーメンブラックも辛ラーメン

 先日、伝えた辛ラーメンが世界最高のラーメンに認定という米ニューヨーク・タイムズで選ばれた「辛ラーメンブラック」も辛ラーメンの上位ブランドで辛ラーメンであることは変わりない。

 例えるなら、辛ラーメンがPCエンジンで、辛ラーメンブラックはPCエンジンスーパーグラフィックス(マニアック過ぎて伝わらないかもしれないが、興味がある人は要検索)。後者は、上位互換機種の兄貴分で、8ビットの家庭用ゲーム機PCエンジンとして扱われていた。

 辛ラーメンブラックも辛ラーメンの1種であり、1ブランド依存であることは、やはり変わりない。

パラサイト特需で売れたチャパゲティとノグリ

 このあたりのいびつさは、農心も自覚しているのか、第2、第3のブランドづくりに力を入れているようだ。

 2月4日の韓国・聯合ニュースは、農心の「チャパゲティ」が韓国のインスタント麺では3番目となる年間売上2000億ウォン(約188億円)を突破し、「ノグリ」も1000億ウォン(約94億円)を達成したと報じる。

 チャパゲティもノグリも韓国映画「パライサイト 半地下の家族」で話題となったブランドだ。いわばパラサイト特需と言っていい。そうすると、一度食べた消費者がファンとなり、熱烈なリピーターにでもならない限り、昨年と同じ売上を叩き出すことは、難しいのではないだろうか。

 圧倒的に強い辛ラーメンをプロ野球の球団にと例えると、Aクラスを狙えるチームが農心として、辛ラーメンは、先発で20勝できる絶対エース的な存在。しかし、他の先発陣は5勝くらいの投手しかいない。もし絶対エースが怪我でもして離脱すると、チームはあっという間にBクラスへ転げ落ちるような感じだろうか。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA