序文

序文

朝鮮労働党第8回党大会(提供 コリアメディア)

 朝鮮労働党は、偉大な金日成・金正日主義の党である。
 金日成・金正日主義は、主体思想に基づいて全一的に体系化された革命と建設の百科全書であり、人民大衆の自主性を実現するための実践闘争の中でその真理性と活力が検証された革命的で科学的な思想である。
 朝鮮労働党は、偉大な首領達を永遠に高く奉じて首班を中心として組織思想的に強固に結合された労働階級と勤労人民大衆の核心部隊、前衛部隊である。
 朝鮮労働党は、偉大な金日成・金正日主義を唯一の指導思想とする主体型の革命的党である。
 朝鮮労働党は、偉大な金日成・金正日主義を党建設と党活動の出発点として、党の組織思想的強固化の旗幟として、革命と建設の永遠の旗幟として高く掲げていく。
 朝鮮労働党は、抗日革命闘争時期に創造され発展豊富化した主体の革命伝統を固守し、絶えず継承発展させる。
(中略)
 朝鮮労働党は、全社会の金日成・金正日主義化を党の最高綱領とする。
 朝鮮労働党の当面の目的は、共和国北半部で富強で文明ある社会主義社会を建設し、全国的範囲で社会の自主的で民主主義的な発展を実現することにあり、最終目的は、人民の理想が完全に実現された共産主義社会を建設することにある。
(中略)
 朝鮮労働党は、党の思想に背反する資本主義思想、封建儒教思想、修正主義、教条主義、事大主義をはじめとするあらゆる反動的機会主義的思想潮流に反対排撃し、マルクス・レーニン主義の革命的原則を堅持する。
(中略)
 朝鮮労働党は、人民大衆第一主義政治を社会主義基本政治方式とする。
 朝鮮労働党は、人民の尊厳と権益を絶対的に擁護して、すべての問題を人民大衆の無尽の力に依拠して解決していき、人民のために服務する政治を実現する。
 朝鮮労働党は、人民政権を強化して、思想、技術、文化の3大革命を力強く急き立てることを社会主義建設の総路線として掌握していく。
 朝鮮労働党は、自力更生の旗幟の下に経済建設を急き立て、社会主義の物質技術的土台をしっかりと固め、社会主義文化を全面的に発展させて、社会主義の制度的優越性をさらに強固にして発揚させ、社会主義の完全勝利を早めるために闘争する。
 朝鮮労働党は、共和国の武力を政治思想的に、軍事技術的に不断に強化し、自立的国防工業を発展させ、国の防衛力を絶えず打ち固めていく。
(中略)
 朝鮮労働党は、全朝鮮の愛国的民主力量との統一戦線を強化し、海外同胞の民主主義的民族権利と利益を擁護保証し、彼らの愛国愛族の旗幟の下に固く団結させ、民族的自尊心と愛国的熱意を喚起し、祖国の統一発展と隆盛繁栄のための道に積極的に出ていくようにする。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA