朝鮮労働党第8回党大会終了を伝える2021年1月9日付の労働新聞へ掲載された平壌市内(提供 コリアメディア)

朝鮮労働党規約(2021年1月9日改正・抜粋訳) 1/3の続き。

第5条 党員の権利は次の通りである。
1)党員は、党会議と党出版物を通じて党の路線と政策を貫徹し、党事業を発展させることに助けとなる意見を発表することができる。
2)党員は、党会議で決議権を持ち、各級党指導機関選挙で選挙権と被選挙権を持つ。
3)党員は、正当な理由と根拠がある際には、いかなる党員に対しても批判することができ、上級が与えるいかなる課業でもそれが党の路線と方針、党中央の思想と齟齬のあるときにはその執行を拒否することができる。
4)党員は、自らの事業と生活に対する問題を討議決定する党会議に参加することを要求できる。
5)党員は、党中央委員会に至るまでの各級党委員会に申告と請願をすることができ、脱党を要求することができる。
 党員が脱党を要求する場合、党細胞は総会で討議決定し、市、郡党委員会の批准を受けて党隊列から送り出す。

第6条 候補党員の義務は党員の義務と同じであり、候補党員の権利は決議権と選挙権、被選挙権がない以外は党員の権利と同じである。

第7条 党組織規律を破った党員には党罰を与える。
1)党中央の唯一的領導を拒否したり、党の路線と政策に反対して宗派行為を行ったり、敵と妥協することをはじめとして党と革命に厳重な損失を及ぼした党員は追放する。
2)追放しない程度の過誤を犯した党員には、その過誤の厳重性の程度によって、厳重警告、権利停止、候補党員への降格の罰を与える。
 警告罰は6か月、厳重警告、権利停止罰は1年、候補党員への降格罰は2年を適用する。
 党罰は、党員が過誤を犯すようになった動機と原因、過誤の効果とともに、その者の事業と生活を全面的に深く了解して慎重に与えなければならない。
3)党細胞は、総会で過誤を犯した党員を参加させ、党罰を与えることについて審議決定する。特殊な場合には、本人の参加なく審議決定することができる。
 党員に党罰を与えることについての党細胞の決定は、市、郡党委員会の批准を受けなければならず、党員を追放することについての党細胞の決定は、道党委員会の批准を受けなければならない。
4)党細胞は、党罰を受けた党員が自らの過誤を深く反省して正すために努力し、事業で改善がある際には、総会で罰を免除することについて審議決定しなければならず、その決定は市、郡党委員会の批准を受けなければならない。
5)党中央委員会と道、市、郡党委員会委員、候補委員に対する党罰問題は、党中央委員会が定めた手続きと方法によって取り扱う。
6)党中央委員会と道、市、郡党委員会は、党規律問題に関連した党員の申告を適時に責任もって審議し処理しなければならない。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA