第4章 党の道、市、郡組織

第4章 党の道、市、郡組織

第8回党大会閉幕後に行われた花火大会(提供 コリアメディア)

朝鮮労働党規約(2021年1月9日改正・抜粋訳) 2/3の続き。

第33条 道、市、郡党代表会は、党の道、市、郡組織の最高指導機関である。
 道、市、郡党代表会は、5年に1回ずつ党中央委員会の指示に従って道、市郡党委員会が招集する。

第35条 道、市、郡党委員会は、次のような事業を行う。
 党中央の唯一的領導体系を立てる事業を中核に打ち立て、党員と勤労者が党中央をしっかりと擁護し、党と革命隊伍の一心団結を強化して、党の路線と政策を決死貫徹し、党中央の領導下に一様に動くよう指導する。
 革命伝統教養、忠実性教養、愛国主義教養、反帝階級教養、道徳教養を基本として掌握し、思想事業を攻勢的に展開し、党員と勤労者を党の革命思想でしっかりと武装させ、大衆の精神力を高く発揚させ、帝国主義者の思想文化的浸透策動を蹴散らし、あらゆる異色的な思想要素と非社会主義的現象をはじめとする否定的な現象に反対して闘争する。

第5章 党の基層組織

第41条 党の基層組織には、初級党、分組級党、部門党、党細胞がある。
 党の末端基層組織は、党細胞である。
 党細胞は、党員の党生活の拠点であり、党と大衆の血脈を一つに繋ぐ基本単位であり、党員と勤労者を組織動員し、党の路線と政策を貫徹していく直接的戦闘単位である。
 初級党は、党員が網羅され、政治組織生活を行う党の基層組織であり、党の路線と政策を執行していく基本戦闘単位である。
 党中央委員会は、党細胞書記大会と初級党書記大会を5年に1回ずつ招集する。

第42条 党の基層組織は、次の通り組織する。
1)党員が5人から30人までいる単位には党細胞を組織する。
 特殊な場合には、党員が3~4人いたり30人を超しても党細胞を組織することができる。
2)党員が31人から60人までいる独立的な単位には初級党を組織する。
3)党員が61人以上いる単位には初級党を組織する。
4)初級党(分組級党)と党細胞の間に党員が31人以上いる生産及び事業単位には、部門党を組織する。
5)初級党、部門党、党細胞の組織形式だけで基層党組織を合理的に組織することができないときは、初級党と部門党間の生産及び事業単位に党員が60人を超えても分組級党を組織する。
 以上の党組織の形式が実情に合わない際には、党中央委員会の批准を受け、他の形式の党組織を設置することができる。

第44条 基層党組織では、1年に1回ずつ指導機関の事業を総括し、新たな指導機関を選挙する。
1)党細胞では、総会で党細胞事業を総括し、書記と副書記を選挙する。
市、郡党委員会に直属する党細胞に党員が20人以上いれば、党細胞委員会を選挙して、その委員会で書記と副書記を選挙する。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA