訪朝者急増で琿春イミグレが制限

訪朝者急増で琿春イミグレが制限

日本人は今年から夏季期間の土日通行ができなくなった琿春口岸(イミグレーション・出入国審査場)

 先日、掲載した五味洋治氏の記事でも紹介されているように羅先と対面する中国琿春市当局が7月に発表した今年上半期の往来者は前年比の5割増しと急増している(中国の3億中間層を狙え 北朝鮮が観光客誘致に本腰 Wi-Fi導入も)。

 この話を裏付けるように、6月に羅先を訪れた女性は、渡航の直前に6月1日から土曜日のイミグレーション業務が停止となると中国側から告げられてリスケを余儀なくされている。

 中国のイミグレーションは2種類ある。中国人とすべての外国人が入出国できる1級と中国人を前提とした出入国手続きができる2級とに区分されている。

 1級は、国際ルールに乗っ取り両国の同意で決定される。2級は、外国人の往来者は、いわば「おまけ」なので中国の都合で決定することができる。琿春とロシアを結ぶイミグレーションは1級で、琿春と羅先を結ぶイミグレーションは2級に位置づけられる。そのため、羅先への往来者を手続きするイミグレーションは、中国の都合で変更できてしまうわけだ。
 
 1級であるロシアへのイミグレーションは、原則、365日休みなく出入国手続きができるが、2級である羅先へのイミグレーションは、日曜日のみが完全停止となっていたが、日曜日に加えて、中国人の羅先訪問者の急増で、土曜日も中国人以外の外国人の出入国手続きが停止された(6月から10月まで限定)。

弾丸旅行気分な中国人土日の羅先ツアー

 羅先ツアーを手配した旅行代理店へ伝えられたのは、北朝鮮入国予定日の1週間前だったそうだ。

 吉林省延吉にある旅行会社によると、土日を利用して羅先を訪れる中国人が急増したためだろうとのことだったが、会社で有給を取らなくても気軽に国外旅行ができる羅先は、旅好きの日本人会社員による「弾丸旅行」の感覚に近いのかもしれない。

 弾丸旅行とは、有給を取らずに金曜日の夜から月曜日の出勤前までのタイトな日程で海外旅行を楽しむ旅の達人たちの旅行スタイルを指す。

 ちなみに羅先で日本人旅行者を担当するのは、「羅先国際旅行社」という会社となる。まだ日本人に対応に慣れていないようだが、日本人をもっと増やしたいと積極的にアプローチしてくるわりには、日本語ガイドが1人しか在籍していないなど、まだまだ改善点は多そうだ。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA