バイデン大統領「外交と抑止で北朝鮮の脅威に対応」

バイデン大統領「外交と抑止で北朝鮮の脅威に対応」

ホワイトハウスのジェン・サキ大統領報道官 出典 ホワイトハウス [Public domain], via Flickr

 米朝対話を巡り新たな動きが出ている。米国のジョー・バイデン大統領は、4月28日に行なった就任後初めての議会演説で、「イランと北朝鮮の核計画は、米国や世界の安全保障への深刻な脅威」と言及した。その脅威に対して「外交と厳格な抑止」を用いて対処すると述ており、米朝対話の可能性を示したのである。

 バイデン政権の対北政策が少しずつ明らかになる中で、北朝鮮側も反応を示している。

バイデン政権「段階的解決方式」も検討か

 演説2日後の4月30日、ホワイトハウスのジェン・サキ大統領報道官は、対北政策の見直し作業が完了したと発表し、バイデン大統領が言及した対北外交を補足した。

 サキ報道官は、バイデン政権では、「調整された現実的なアプローチ」を用い、同盟国と連携して対北非核化協議に臨むとの方針を示した。その外交戦略は、「グランドバーゲン(包括取引)の達成を目的とするものでも、戦略的忍耐でもない」とも述べている。

 前者のグランドバーゲンとは、トランプ前政権時の「完全な非核化達成時に完全な制裁解除」という方式で、大統領補佐官だったジョン・ボルトン氏らが主張したもの。後者の戦略的忍耐とは、オバマ政権時、「北朝鮮が非核化に向けた不可逆的措置をとるまで米国は対話も譲歩もしない」とい消極的姿勢を自ら表現した言葉である。

 サキ報道官の発言から、バイデン政権の対北政策は、トランプ政権とオバマ政権の中間のような第3のアプローチになると考えられる。

 北朝鮮が以前から求めていたように、「北朝鮮の非核化作業の進捗に合わせて、米国側も部分的に制裁を緩和していく」という「段階的解決方式」をとる可能性もある。

それ相応の措置と警告する北朝鮮

 さて、バイデン大統領の演説に対し、北朝鮮側はクォン・ジョングン外務省米国担当局長の談話という形で反応した。国営メディア・朝鮮中央通信が5月2日に掲載した。

 談話はバイデン大統領の演説を非難するもので、「米国の執権者が就任後に初めて議会で演説し、またもや失言をした」と説明。米国がこれまで「対朝鮮敵視政策と核を用いた脅迫」で北朝鮮に脅威を与えてきたにもかかわらず、バイデン大統領が演説で北朝鮮の「自衛的抑止力(=核兵器)」を「深刻な脅威」であると非難したことは自衛権の侵害であると指摘。また、バイデン大統領が外交的努力を行うとしたことに対しては、「自分らの敵対行為を覆い隠すための見栄えのよい看板に過ぎない」と断じた。

 さらに談話では「米国の新たな対朝鮮政策の根幹が何であるのかが鮮明になった」として、米国の対北朝鮮敵視政策が継続していると認定。そのため、「我々はやむを得ず、それ相応の措置を取らざるを得なくなるであろうし、時間が経つほど米国は、非常に深刻な状況に直面することになるであろう」と米国を警告し、方針の転換を迫った。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA