太永浩候補が与党候補を大きくリードしている

太永浩候補が与党候補を大きくリードしている

太永浩候補(元北朝鮮英国公使)出典『朝鮮日報朝鮮日報』

太永浩候補が与党候補を大きくリードしている

 北朝鮮から亡命した最高位とされる太永浩元英国公使が、4月15日投票の韓国総選挙に出馬した。野党の未来統合党からの出馬で、競合する与党候補を大きくリードしており、当選する見通しだ。国会議員として活動を本格化させれば、太氏を「人間の屑」、「民族の裏切り者」と罵ってきた北朝鮮が警戒を強めるのは確実。停滞している南北関係に新たな波紋が起きそうだ。

 脱北者の国会議員と言えば、北朝鮮の金日成大学教授だった趙明哲氏(セヌリ党の比例代表として当選)がいるが、象徴的存在で目立った活動はしないまま引退した。

2016年、韓国亡命後は金正恩政権を厳しく批判してきた

 太永浩氏は外交官経験者で、北朝鮮政権の核政策にも精通している。2016年に韓国に亡命したあと、数々の記者会見をこなし、『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』(日本語版は「文藝春秋」より2019年6月に発刊)という内部告発の本も発表した。

 2019年には日本を訪問した。講演会を開き「外国から食料を輸入して、人民を養う力があるにも関わらず、その力を核兵器(開発)に使っているのが北朝鮮だ」、「金正恩の目には、北朝鮮の人民は、人権を保証する対象として入っていない」と人権無視の現状を手厳しく批判している。

 韓国メディアは、北朝鮮分析の第一人者として太氏を数多く出演させていた。太氏自身も、自分の「ユーチューブ」番組を運営し、多くの視聴者を集めていた。

北朝鮮住民を救う思いを込めて太救民の名で出馬。対抗馬は過激な南北統一主張と批判

 その知名度に注目したのが、劣勢を伝えられる「未来統合党」だ。保守系の野党が合同した政党である。総選挙に向けて候補者の大幅な入れ換えを進めた。太候補にも白羽の矢を立て、伝統的に保守支持者の多いソウルの「江南甲」選挙区から出馬させた。

 候補者としての届け出名は「太救民(テ・クミン)」。北朝鮮の住民を救うという願いが込められている。当選すれば北朝鮮の体制に反対し、文在寅政権の対北朝鮮政策も批判するのは間違いない。

 その太氏は、503人の有権者を対象にした最新の世論調査で支持率42.6パーセントと1位、対抗馬、与党民主党の金星坤候補(当選4回)は33.7パーセントで、大きく差が開いている。

 選挙戦は、新型コロナウイルス問題のため派手なパーフォーマンスはできない。それでも太氏は、手袋をした手で自分の名刺を有権者に1枚1枚渡すなど、ドブ板選挙を展開している。またSNSも駆使し、自分の遊説の様子を映像でも伝えている。

 対立する金候補は、「太候補は過激な南北統一を唱えており、危険だ」、「選挙のひと月前に引っ越してきたばかりで、地域の事情が分からない」と批判している。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA