K-POP好き=韓国好き?

K-POP好き=韓国好き?

マニラ・リサール公園にあるフィリピン人兵士と韓国人兵士像

 昨年、朝鮮半島の平和統一を目指す団体のシンポジウムへ参加したときのことだ。シンポジウムで登壇した日本人幹部がフィリピンでのK-POPを中心とした韓流ブームについて映像を交えながら、フィリピンは韓国人が日本人よりも多く訪れる友好国であることも紹介し、参加者からは驚嘆の声があがっていた。

 果たして本当にフィリピンは親韓国でフィリピン人は韓国に対して友好的で親近感を抱いているのだろうか。

フィリピン人の韓国や韓国人への感情

 確かにフィリピンではK-POP関連動画の「ユーチューブ」再生時間が東南アジア1長いとの統計もあるようだ。

 しかし、K-POPや韓国ドラマ人気が必ずしも韓国好きや韓国自体に親近感を持つことには直結しない。これは日本は特殊な例かもしれないが、タイやベトナムでも見られる傾向だ。

 フィリピンへ長期間住んだことがなくても旅行や出張など短期間でも滞在しフィリピン人と接する経験があれば肌感覚で見聞きすることができる。フィリピンへ行ったことなくても日本在住のフィリピン人に聞いてみれば分かる。フィリピン人は明るく日本人のように本心を隠すことを美徳せずオープンに話してくれる人が多い。

 9月に起きたSNS炎上、嫌韓騒動を見ても韓国人がフィリピン人をどう見ているのか分かる。韓国人が、というよりも韓国社会や韓国の教育がフィリピンに対する認識の苗床になっていると表現するほうが正しいだろう。

誹謗中傷が殺到したイ・ジャスミン元議員

誹謗中傷が殺到したイ・ジャスミン元議員

改修工事前の竣工時の奨忠体育館 出典 본인 [Public domain], via Wikimedia Commons

誹謗中傷が殺到したイ・ジャスミン元議員

 フィリピンから韓国へ帰化し、帰化人初の国会議員を務めたイ・ジャスミン元議員は、2013年11月8日にフィリピンを襲った台風30号被害に対して韓国が表明した支援金500万ドルをもっと増額するべきだと訴えた。そのときにフィリピンと韓国の関係について言及したことで誹謗中傷を巻き起こし大炎上している。

 ソウル特別市中区にある「奨忠体育館」は1963年に竣工した体育館で1988年のソウルオリンピックときに柔道とテコンドーの競技会場となった国際基準を満たす体育施設だ。

 この奨忠体育館はフィリピンが支援して建てられたものだと主張したことが炎上した直接のきっかけだった。
 
 フィリピンは朝鮮戦争に連合国軍として7000人ほどが参戦し韓国を守るためフィリピン兵112人が戦死している。まさに韓国にとってはフィリピンは恩人であり同盟国という存在だ。

キリスト教兄弟国

 朝鮮戦争後、フィリピンが韓国の復興支援したことはあまり知られていない。フィリピンが韓国を支援した理由の1つが同じキリスト教圏の兄弟国という認識があったとされる。朝鮮半島は戦前からキリスト教徒が多く、現在でもプロテスタントとカトリック、キリスト教系の新宗教も含めると韓国人の3割ほどがクリスチャンとされる。

(続く)

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA