死のワクチンとののしるアストラゼネカと同タイプ

死のワクチンとののしるアストラゼネカと同タイプ

3割強がワクチン接種を完了した延吉 出典 延吉市人民政府公式サイト

死のワクチンとののしるアストラゼネカと同タイプ

 中国・吉林省朝鮮族自治州延吉市は、7月3日時点で、新型コロナウイルスのワクチン接種を2回終えた人が21万8318人となり、延吉市の全人口の31.8%に達したと発表。

 接種しているワクチンはシノバック製とシノファーム製の国産ワクチンで、加えて7月からは新たに承認された康希諾(カンシノ)製のワクチン接種も始まった。これで3種類のワクチンから接種することになる。

 カンシノのワクチンは、1回の接種で済むことが最大の特徴で、ワクチンタイプも既存のシノバックやシノファームの不活化タイプではなく、中国のSNS上で“死のワクチン”と揶揄(やゆ)されるアストラゼネカ製のワクチンと同じウイルスベクタータイプとなる。

 カンシノ製のワクチンはパキスタン、ロシア、メキシコ、チリ、アルゼンチンの5か国で4万人ほどを対象に臨床治験を進めており、すでにメキシコから4000万回分の発注を受けているという。中国国内では5月からカンシノ製のワクチン接種が始まっている。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA