10年で人口2割減

10年で人口2割減

中国朝鮮族民族園(延吉) 出典 Senkaku Islands [Public domain], via Wikimedia Commons

 中国の少数民族でつくる自治州の1つ、吉林省朝鮮族自治州(州都・延吉)での朝鮮族(朝鮮半島にルーツを持つ中国人)人口比率が、30%台ギリギリまで減っていることがわかった。「自治州廃止」もささやかれている

 昨年11月に実施された中国の第7次人口センサスによれば、自治州内の朝鮮族人口は全体の30.77%である約59万7000人だった。これは10年前に行われた第6次人口センサス当時より約13万7000人、18.74%減少した。

 延辺で目立つのは漢族だ。65.79%と全体の2分の3ほどを占めた。延辺の総人口も約194万1000人で10年前より約28万1000人、12.66%減っている。

 自治州は少数民族が多く住む地域であり、自治管轄権が認められる。延辺の場合は、ハングルを中国語と併用して使うことが認められている。

 延辺自治州は、1952年に自治区が設立され、1955年から自治州に格上げされた。1953年には朝鮮族の比率は70.5%もあったものの、2012年にはその半分の35.6%まで落ちこんだ。

朝鮮族の学校8割減

 朝鮮族の人口減少は、韓国や上海など中国東南部への移住が原因だ

 子供の頃から中国語と朝鮮語を同時に学び、語学に強いため、仕事が見つけやすいことが影響している。一方、子供の教育問題も影を落としている。

 中国東北部、遼寧省の朝鮮族機関紙「遼寧新聞」によれば、かつて1000以上あった朝鮮族向けの学校は、人口減などのあおりで225校になった

 延辺朝鮮族自治州の代表的学生新聞の朝鮮族中学生報によれば、1990年代初めに1500ほどの朝鮮族の中高等学校があり、40万人の学生が在籍していた。しかし、2015年には2万人強に激減した。

 中国は、それでなくとも標準語中心の義務教育をする同化政策を進めている。朝鮮族の子供たちは、標準の中国語で、質の高い教育をしている漢族の学校に通うケースが増えており、必然的に朝鮮族自治州に住む理由がなくなっている。

韓国移住者は80万人にも

 朝鮮族は海外にも大挙移住している。韓国には帰化者を含めれば約80万人、日本にも10万人、米国とヨーロッパなどその他地域に5万余人が居住した

 少子高齢化が深刻化する韓国では、その穴を埋めるため外国人が増えており、250万人(2019年)を突破している。これは韓国の約5%に相当する。

 外国人国籍別で見ると中国が110万を超え、その6割が朝鮮族だ。まずは言葉がそのまま通じることが大きい。しかも、中国語が話せるため、企業では即戦力となる。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA