人々の多様な姿に絞った100枚

人々の多様な姿に絞った100枚

大同江ビール祭りの写真を解説する伊藤孝司さん

 先日、東京の根津のギャラリーで開かれたフォトジャーナリストの伊藤孝司氏の写真展「平壌の人びと」を見てきた。同氏は、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)を1992年から43回訪れ、膨大な量の写真撮影を行い、今回はその中でも人々の多様な姿に絞った100枚が展示された。

 小雨が降る週末のお昼過ぎに訪れたが、ギャラリーには思っていた以上に多くの人が来ており、コロナ対策もあって入場には人数制限を行っていた。整理券を受け取り、午後3時から同氏による写真説明が行われた。

 写真の多くは、コロナ禍が始まる2019年頃に撮影されたものが主だった。どれも他の外国人が撮影するには難しい生きた北朝鮮人民の生活の様子ばかりであるが、その中で何点か筆者が印象深かった写真を紹介する。

生まれる余裕と新しいサービス

 まずは、地方の咸興で撮影された結婚写真の様子である。同氏によると、北朝鮮では平壌のような都会以外の地方でも結婚式の前撮りが広まっており、中には2日間にわたって撮影する人もいるという。鮮やかなチマチョゴリを着た新婦に寄り添う新郎。その幸せな様子を専門の業者が撮影するとのこと。

 かつて、北朝鮮では、結婚式は家の中で行うことが多く、写真といっても料理を前に家族写真を撮るくらいだったので、最近では日本や韓国でも行われるような結婚式の前撮りを行う余裕が生まれたことに感心した。

 次に、同氏がおいしくて何回も訪れたというおかずを売るお店。北朝鮮にも出前というサービスが生まれたようで、家で作るには大変な手の凝ったおかずである。韓国の屋台などでも売られているような揚げ物などが多い。

 同氏によると、出前の注文先はお店というわけではなく、どこか一般の家庭で作られているようであった。このように、人民もおいしいものを求めて色々追求できるサービスが生まれているのが不思議なようであり、また新鮮でもあった。

金正恩氏も間近で撮影

金正恩氏も間近で撮影

伊藤孝司さんも現場で撮影していた金正恩委員長(当時)。2017年4月13日の黎明通りの竣工式(提供 コリアメディア)

 さらに、同氏による写真は一般の人民の様子だけではなく、最高指導者や軍事パレードのような緊張感がみなぎる対象にもあった。100枚近くあった展示の中で、1枚だけ、最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)総書記(撮影時は委員長)のもあった。2017年4月に外国人記者の前で撮影が許可されたもので、撮影にあたり4時間前以上から待機、厳しい手荷物検査などが行われたという。約20メートル前のひな壇に他の幹部たちと一緒に並ぶ金正恩総書記の写真が際立っていた。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA