その他には、党中央委員会や党中央軍事委員会と並んで、もう1つ「党中央検査委員会」という組織もあるが、ここは朝鮮労働党の「財務・会計検査機構」とされる。
 

第8回党大会では対米方針などで重大な決定がなされる可能性

 上記の通り、党中央委政治局=日常的な意思決定機関、党中央委政務局=執行機関、党中央軍事委員会=軍事分野の政策決定機関などとそれぞれ役割を担っている。

 ただ、党大会はその後の数年間にわたる方針や路線を決定することから、もっとも重要な会議であることには変わりない。

 重要な決定は、党中央委員会全員会議や政治局会議、政務局会議、党中央軍事委員会会議などにおいてもなされるが、いずれも党大会で示した方針や路線から大きく外れることは通常ありえないからだ。つまり、党大会の決定内容は非常に重みがあるものとなる

 来年1月開催予定の第8回党大会では、対米方針をはじめ重要決定が多数なされるとみられ、朝鮮半島情勢において大きな転換点となるだろう。

八島 有佑

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA