北朝鮮70年の歴史を4期に区分して振り返る

北朝鮮70年の歴史を4期に区分して振り返る

朝鮮半島

北朝鮮70年の歴史を4期に区分して振り返る

 10月13日、「朝鮮文化研究会」は、千代田区の貸会議室内海において第15回講演会「朝鮮民主主義人民共和国における朝鮮史研究の歩み-近現代史を中心に」を開催した。今次講演会では康成銀氏(朝鮮大学校朝鮮問題研究センター長)が講演を行った。

 講演の冒頭、康氏は「今年は朝鮮半島に2つの分断国家ができて70年になる。おりしも朝鮮半島では歴史的大転換の時代を迎えつつある。この情勢を理解するためには、その背景となる70年間の歴史を踏まえて、見ていく必要がある。そのような視点から、朝鮮民主主義人民共和国の歴史研究の歩みを振り返り、現在の動向の歴史的必然性、これからの平和・繁栄に向けての歴史認識の課題を考えてみる」と講演の狙いを説明した。

 康氏は、朝鮮民主主義人民共和国(以下、講演内容を示す太字以外は北朝鮮)誕生から現在までの70年間を、朝鮮労働党中央委員会の報告や内閣決定、研究成果として発表された『歴史科学』などに掲載された論文や『朝鮮通史』等の通史などをもとに4期に区分し、北朝鮮の歴史研究の歩みを振り返った。以下、康氏が述べたそれぞれの時期の特色である。

 共和国史研究の歩みの第1期は、1945年から1952年までの「民族文化建設と新学問(ソ連理論)導入」期である。

 解放直後、共和国では研究者や学術研究の土台・史料が不足しており、歴史研究の土台作りのために、ソ連に留学生を派遣したり南朝鮮から科学者・技術者・専門家を招請したりして、金日成総合大学創立の準備が行われた。この時期は、南朝鮮からの越北者が歴史研究の基礎をつくった。共和国はこの時期を、「解放後、歴史学徒たちは”ソ連に向かって学べ“という党の号召を受け、マルクス・レーニン主義古典の学習とともにソ連学界が達成した成果を熱心に学習した。とくに『ソ連共産党歴史(簡略読本)』と『レーニン主義諸問題』等は解放直後わが歴史学徒に大きな援助となった。ソ連共産党機関雑誌『ボルシェビキ』(現在の『コミュニスト』)と歴史学界の月刊雑誌の一つである『歴史諸問題』等、ソ連の科学理論雑誌と教科書、単行本が青少なわが学界の理論水準を高めるために果たした役割は大きかった」(「歴史科学」1960年第6号から引用)と評価している。
 
 第2期は、1952年12月から1967年までの「研究体制の整備と朝鮮歴史学の模索(主体理論の重視)」期である。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA