公開処刑された北朝鮮の最高美人はどんな顔立ちだったのか韓国人も注目

公開処刑された北朝鮮の最高美人はどんな顔立ちだったのか韓国人も注目

禹仁姫(ウ・インヒ)を紹介するチュ・ソンハ記者のユーチューブチャンネル(掲載許可済み)

 韓国で脱北者の「ユーチューブ」が視聴者を獲得している話をこのサイトで書いたが、そこで紹介した東亜日報記者のチュ・ソンハ氏の番組が、興味深い写真を公開した。

 北朝鮮では悲運の女優と呼ばれる、禹仁姫(ウ・インヒ)のものだ。彼女は1960年から70年代、最高の美人と称され、北朝鮮で知らない人はいないほどの人気ぶりだった。

 彼女のことについて私は、『女が動かす北朝鮮』という文春新書で紹介したことがある。
その記述を一部引用しよう。

  ************

 禹仁姫を直接見たことがある人々は、「遠くから歩いてくる彼女の姿は一羽の白鳥と同じだった」と話す。

 北朝鮮初の恋愛映画「木蓮の花」三部作でヒロインを熱演。朝鮮半島の古典文学を映画化した「春香伝」の主人公、春香役に抜擢され、名声を確立した。

 彼女は映画撮影時、撮り直しがないほど演技に卓越した才能を見せた。多くの映画関係者らは禹仁姫の演技力を認めた。

 北朝鮮に一時拉致された韓国の女優、崔銀姫は「彼女は結婚していたがしばしばスキャンダルを起こした。見方によっては男たちの誘惑に乗りやすい身持ちの悪い女であり、別の見方からすれば、自分なりの人生を楽しむことを知っていた女性であった」と著書の『闇からの谺』に書いている。

 *************

 そんな彼女は、1980年の冬、男性と車の中から発見された。男性はすでに死亡していた。男は在日商工人の息子で、金持ちだったが妻がいた。

 「重大な不倫」事件として、金正日総書記の特別指示で公開処刑された。

 このストーリーを紹介したチュ記者のもとに、日本から相次いで「禹仁姫の写真がある」と連絡が来たという。

 北朝鮮ではすでに写真はおろか、名前も消し去られ、韓国にも十分な資料はない。日本では彼女の最盛期に作成された映画や公演のパンフレット、彼女が出演した映画に関する本が出版されており、保存されていたのだった。

 朝鮮半島には元々「南男北女」という言葉がある。南には美男子が多く、北には美女が多いということだ。その北朝鮮の最高美人はどんな顔立ちだったのか、チュ記者のチャンネルの視聴者も関心があったようで、100万人以上が禹仁姫に関する番組を視聴したという。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA