日韓合意は2015年の朴槿恵(パク・クネ)前政権時に締結したもので、「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した内容。文在寅政権としてはこの日韓合意を有効としつつも、日韓合意に反対する元慰安婦の納得を得るために日本と再協議したい意向だ。

 ただ、日本政府は「慰安婦問題は解決済み」として再協議に取り合わないため、韓国政府が苦慮している状況である。そのため官民協議会議を通じて韓国政府がどのような対応をとっていくのか注目が寄せられる。
 

八島 有佑

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA