謎4 なぜ隣にもう一脚の椅子があるのか

謎4 なぜ隣にもう一脚の椅子があるのか

ソウル市内に設置されている少女像

謎4 なぜ隣にもう一脚の椅子があるのか

韓国人も知らない「少女像」7つの謎 表現の不自由展・その後の再開前に考える(1/2)の続き。

 先に亡くなった女性たちが座る席だ。

 3つの意味があると作家は語っている。まずは問題が解決しないまま亡くなった「寂しさ」。隣に座って、当時の少女の心情を推し量ってほしいという「追体験」。さらに未来の世代が最後まで一緒にいるという「約束」の意だそうだ。

謎5 現在、どこに何か所設置されているのか

謎5 現在、どこに何か所設置されているのか

ソウル市内を走るバスへ一時設置された少女像

謎5 現在、どこに何か所設置されているのか

 今年8月13日の韓国「KBS」の報道によれば韓国全土124か所に広がっている。慰安婦問題をアピールするだけではなく、一種の愛国運動となっている。外国への設置については日本政府や日本の団体が批判し、反対運動をしているが、こういう運動があるほど、カウンターとして像が増えるという皮肉な現象が起きている。

 以下のサイトで、韓国内の設置場所が分かる。ソウル周辺が多いものの、済州島など南部にも設置されている。

 世界では以下のページで設置場所が分かる。中国、米国、豪州、ドイツなどに広がっている。日本でも大阪や沖縄にあるとされている。ソウル市内を走るバスにも一時設置されたが、「やりすぎ」との批判を受けて、今は撤去されている。

 いずれの地図も作成はKBSデータジャーナリズムチーム。

謎6 少女像はどこかで販売されているのか

謎6 少女像はどこかで販売されているのか

正義記憶連帯のミニチュア少女像販売サイト

謎6 少女像はどこかで販売されているのか

 公式に販売されてはいないが、個別に作家夫婦に注文して製作しているようだ。

 2015年に韓国紙『中央日報』が報じた記事によれば、1体につき3300万ウオン(日本円約330万円)かかるという。高価なため、制作費がなかなか集まらないのが実体のようだ。

 『中央日報』記事リンク https://news.joins.com/article/19148501

 その代わりミニチュアの少女像が販売されている。慰安婦問題を扱っている正義記憶連帯はホームページを通じ、約3000円(2万5000ウォン+郵送料2500ウォン)で、通信販売しており、個人的に購入する人がいるようだ。

 販売ページへのリンク http://womenandwar.net/kr/notice/?uid=410&mod=document&pageid=1

謎7 そもそも慰安婦問題は未解決なのか

 いったん解決したと思われたが、再び日韓で対立している。

 安倍政権と韓国の朴槿恵政権は米国の仲介を受け、2015年12月に合意を交わした。

 日本政府が10億円を拠出して財団が設立。元慰安婦や遺族らへの補償金に支給し、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的な解決」とするものだった。

 これに対して、文在寅政権は、専門家らによる「韓日日本軍慰安婦被害者問題合意検討タスクフォース」を発足させ、合意の検証を行い、17年12月に報告書を発表した。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA