ピークアウト後に死者増加傾向

ピークアウト後に死者増加傾向

27日過去最多の死者数を記録した韓国

 韓国政府が28日正午近くに発表した27日の新型コロナウイルスの新規陽性者数は13万9626人。

 日本同様に検査数が減る土日分のため減少しているが、直近の日曜日で比較すると、9万5347人(20日)、5万4616人(13日、いずれも米ジョンズ・ホプキンス大学)。

 韓国も日、月曜日が少なく、平日分がカウントされる明日、火曜日に新規陽性者増える傾向があるのは日本と同じだ。

 27日の重症者は715人、死者115人となる。死者数は過去最多となった。

 今回のオミクロン株は、デルタ株などと比べ重症化しづらいとされているが、日本は、新規陽性者数がピークアウトしたとみられる2月8日頃から死亡者数が増え続けている。

 韓国も今後、死亡者数が増えてくる可能性がある。

 感染拡大の目安の1つとされる実効再生産数は1.45(26日)。1月31日の1.81をピークに減少傾向にあるものの、まだ1を超えているため、今後も新規陽性者数は増えていくとみられる。

 韓国・中央防疫対策本部は、来月中旬頃にピークを迎え、新規陽性者は最大33万人に達する可能性もあるとの見通しを示している。

 本日の韓国メディアを見る限り、韓国政府は新たな感染対策などは打ち出していないようだ。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA