失業者数157万人(2021年1月)

失業者数157万人(2021年1月)

韓国・ソウル駅前の露店

 韓国の統計庁は2021年の2月10日に雇用動向を発表した。それによると2021年1月の失業率は、前年同月に比べ1.6ポイント悪化し5.7%となり、失業者数は157万人となった。この数値は1996年6月の統計開始から最多の数値であり、新型コロナウイルスの影響が雇用を悪化させている。

 業種別にみると、卸・小売業では36万7000人、宿泊・飲食店業では21万8000人就業者数が減少した。

 韓国開発研究院が専門家20人を対象に行った調査によると、2021年の就業者数は5万人増加すると予想されている。しかし、昨年10月の調査では18万人増加するとされていることから、予想が大幅に引き下げられていることがわかる。

 韓国の失業率は、今後の韓国経済の動向、新型コロナウイルスの感染状態によって、大きく変動するため注目が必要だ。

個人消費改善予想もGDP比が低い韓国

 個人消費の実績見込み値は、2020年に4.3%減と大幅なマイナスを記録しているものの、2021年は2.4%増と見られている。しかし、新型コロナに対する不安や所得低下に対する懸念などにより、消費意欲の低下が低下しているため、2.4%増加するかは不透明だ。

 加えて韓国は、個人消費がGDPに占めるウェイトが5割を切り経済協力開発機構(OECD)の中でも低いことから、GDP全体の引き上げ効果も低い。

半導体産業に依存した経済構造

半導体産業に依存した経済構造

21年の経済回復見通しを伝える韓国メディア 出典 青年報

半導体産業に依存した経済構造

 設備投資の実績見込み値は、2020年は6.0%、2021年は4.7%の増加が見込まれているなど好調を維持している。

 理由としては、韓国の産業は半導体に偏った構造となっており、その半導体事業がリモートワークの普及などの影響で好調であるため、設備投資が大きく伸びているようだ。

 半導体は新型コロナの影響を受けにくく、投資意欲も旺盛であることから、今後も好調な状態が続くとみられている。

 輸出の実績見込み値は2020年は4.2%減、2021年に関しては3.8%増と見通されているなど回復傾向だ。

 しかし、韓国の主要輸出国である米国などはコロナの感染拡大により、経済の回復に時間がかかるため、韓国との輸出にも影響を与えるとみられている。

 2021年は前年と比べて、プラス成長になるとみられているものの、予想された成長率に満たない可能性もあるなど楽観視できない状態である。

GDPプラス成長予想も「雇用なき成長か?」

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA