朝鮮半島から強制徴用された人々を物語る徴用工像

 朝鮮半島から強制徴用された人々を物語る徴用工像

徴用工像のモデルは誰?

 慰安婦像と並んで、韓国では反日のシンボルとなっているのが徴用工像。痩せ細った少年労働者の姿が、戦時下の日本に“強制徴用”された人々の過酷な日々を物語っている。ということだが、実は、像のモデルとなった少年は日本人だった…。

像のモデルは日本人のタコ部屋労働者か?

 韓国の小学校教科書に「韓国人徴用労働者」として載せられ、韓国では誰もが知る有名な写真がある。痩せ細った裸の若者たちが立って並ぶその中に、顔や体格ともに徴用工像にそっくりな人物がいる。

 この写真を見た者は誰もが、彼こそが徴用工像のモデルだろうと察する。しかし、ここに写っている人々は全員が、朝鮮人ではなく日本人なのだ…。写真は徴用がまだ始まってもいない1926年に撮られ、旭川新聞の記事に掲載されたものである。

 北海道の土木工事現場で労働者の虐待が発覚した時のスクープ記事だ。どういった経緯なのかはわからないが、それが韓国の教科書で「朝鮮人徴用工」として使われたのである。無断使用であることは間違いない。

 2016年に徴用工像の完成を発表されるとすぐに、「あれは日本人がモデルだ」と指摘する者が現れた。日韓のSNSでもそのことがよく語られるようになる。この時、教科書の写真が間違いだったことにも、多くの韓国人が気づいたという。

 日本の歴史教科書でも、足利尊氏や武田信玄の絵が、実は別人物を描いたものだと発覚して話題になったことがある。韓国人にとってもそれと同じような驚きだったのかもしれない。

迷走する韓国司法の判断

迷走する韓国司法の判断

少女像と同じキム夫妻が製作した徴用工像が設置されている大田市庁 出典 Yoo Chung [Public domain], via Wikimedia Commons

迷走する韓国司法の判断

 ただし、韓国内には、いまだに「あれは朝鮮人徴用工の姿だ」と信じて疑わない人も多く、論争の決着はまだついていない。像の製作者である彫刻家のキム・ソギョンとキム・ウンソン夫妻も「特定人物をモデルにしておらず、すべて想像で徴用工の姿を表現した」と、主張して疑惑を真っ向から否定したが、騒ぎはそう簡単に収まらず、やがて論争は訴訟にまで発展し、裁判所が是非を判断することになった。

 2019年8月に韓国・大田市の市議会議員が、市中に設置された徴用工像を「教科書に誤って掲載された日本人労働者に似ている」と指摘していたのだが、キム夫婦がこれを名誉毀損にあたるとして提訴。その判決が今年5月28日に下され、裁判所は、市議の主張には「真実相当性がある」と判断。彫刻家夫婦の訴えを棄却した。

 しかし、キム夫妻はこの他にも徴用工像に関する裁判を起こしていた。ソウルでも像のモデルが日本人だと主張する研究員を相手取り、名誉毀損で訴えている。その判決も9月30日にソウルの地方裁判所で出されたのだが、こちらは「研究員の主張は推測にすぎない」として、500万ウォン(約47万円)の賠償金支払いを命じているのだ。

 「果たして徴用工像のモデルは日本人なのか否か?」

 裁判官たちの判断も分かれるようで、論争はしばらく続きそうではある。


韓国“徴用工像モデルは日本人” 裁判所によって判断分かれる

青山 誠(あおやま まこと)
日本や近隣アジアの近代・現代史が得意分野。著書に『浪花千栄子』(角川文庫)、『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)、『江戸三〇〇藩城下町をゆく』(双葉社新書)、近著『日韓併合の収支決算報告~〝投資と回収〟から見た「植民地・朝鮮」~』(彩図社、2021年)。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA